MENU

ホットヨガって普通のヨガと何が違うの?なぜ効果があるの?

 

ホットヨガとヨガの違いって知ってますか?単純に言葉だけで考えると、ホットヨガは暖かいヨガで普通のヨガはみんなが知っているような、なんの変哲もない普通のヨガってイメージですよね。

 

実際この考えでも間違いではないのですが、もっと具体的に違いを言うとしたら、ホットヨガは38~40度の室温と55~65%の湿度に保たれた部屋で行なうヨガの事を言います。

 

一方で普通のヨガは、そうした室温や湿度と言った決まりはなくどんな環境でもできるヨガということになります。

ホットヨガはなぜ効果があるの?

ホットヨガと普通のヨガの違いって?

 

ホットヨガと普通のヨガの大きな違いは、このように設定された室温と湿度の中で行なうかどうかにありますが、高めの室温と湿度に保たれた環境下の中でヨガのをするホットヨガの方が、普通のヨガのよりもさまざまな効果が出やすいと言えます。

 

というのも、ホットヨガの場合はその環境下から体温が上昇するため汗をかきやすく、体が温まるということはそれだけ柔軟性もでてくるため、普通のヨガではやりづらかったポーズもホットヨガならやりやすくなる傾向にあります。
そのため、普通のヨガと比べて体の柔軟性が高まるので怪我もしにくく、しかも体温が上がることで代謝も上がるのでダイエット効果も高まります。

 

また、汗をかきやすくなることで汗を通じて体の中のいらないものをどんどん体の外に出すため、高いデトックス効果も期待できると言えます。

 

では、普通のヨガはそうしたダイエット効果やデトックス効果はあまり期待できないのかというと、決してそんなことはありません。普通のヨガもゆっくりと呼吸に合わせて正しいポーズをとることで、しなやかな筋肉を育て体の内側から温まることで代謝を高めていきます。

 

ホットヨガは基礎代謝が上がるのでやせやすい

 

温泉で例えると、ぬるま湯に浸かってじっくり時間をかけて汗をかいていくのが普通のヨガで、サウナに入ってどんどん汗を出してスッキリさせるのがホットヨガです。

 

ぬるま湯でじっくり汗をかくのも気持ちはいいですが、体温が上がるまで時間がかかるため、なかなか代謝をすぐに上げることができません。

 

しかしサウナならすぐに体温が上がり、体温が上がっている間は基礎代謝も上がっているため、やせやすい状態でいるということになります。

 

 

 

ちなみに、人は体温が1度上がると基礎代謝が13~15%上がると言われています。つまり、普段運動をしてもやせにくく汗もかきにくいといった人は基礎代謝も低くなっている可能性があるため、普通のヨガよりもホットヨガのほうが効果的だと言えるんですね。

 

このように、ホットヨガは外側と内側のダブルアプローチで体を温め、そこに本来のヨガの筋肉を育てる働きも加わるため、効果が2倍とまでは言いませんが普通のヨガよりも変化を実感しやすく、スッキリ気分を味わえることは間違いありません。

 

 

>>長崎にあるホットヨガスタジオLAVAをチェックする

このページの先頭へ